スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

bol




ちょっと前に携帯のCMを通じて話題になった映像らしいが、すっかり感動!
タブラを演奏しながらの口タブラは見たことがあったが、ソロを見たのは初めて。

口タブラ(bol)は、北インドの古典楽器であるタブラの楽譜代わりになっているもの。タブラには楽譜がないので口で音の高さを伝えるのだという。口タブラの呪文のようなフレーズを聞き取り、低音、高音を巧みに叩き分け、再現していくのだそうです。

ボイスパーカッション、ビートボックス、スキャットなどなど、意味がない声や音を発しているボーカルモノ、大好物です。「意味がない」ということがとっても重要で、「意味がわからない」ボーカルモノを聞いている時の、何か自分の理解が片手落ちな感じがないところがいい。

この辺の感覚を、「か・かた・かたち」みたいに、「こ・こと・ことば」とか言ってみたりして何とか説明できないっすか?教えて偉い人!



動的シンメトリーな日々。








2008年10月28日 | Comments(0) | Trackback(0) | 日記
コメント

管理者だけに表示する
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。